迷惑メール my spam! 

私宛のスパムメールを公開中
このようなメールにはご注意しましょう。

※スパムメールを公開して悪質業者の手口を披露してます。
 

過去ログページ

世界的ソムリエ 田崎真也が足しげく通う 下町・門前仲町の大衆居酒屋「だるま」




 ソムリエの田崎真也(54)といえば、日本のワインブームの立役者。ソムリエ世界一の実績から高級ワインをたしなむイメージが強いが、プライベートでは意外にも庶民の味が好みだ。

 東京下町・門前仲町にある「だるま」はそんな田崎が懇意にしている大衆居酒屋。創業40年余、現在は先代の2人の娘が店を継いでおり、“門仲イチの美人姉妹が切り盛りする店”ともっぱらの評判だ。

 カウンターが厨房を取り囲む店のつくりはまさに“昭和の酒場”といった風情。その長いカウンター席と丸イスの並ぶテーブル席に、地元の住民やサラリーマンが肩を寄せ合い、連日、大いに賑わっている。

 そのくつろいだ雰囲気もさることながら、料理も酒も徹底して気取らないのがこの店のいいところ。先代の味を引き継いだ煮込みは昔ながらの家庭的な味が魅力。そして焼酎の割合が圧倒的! というチューハイの濃さも常連を引きつける人気の理由だ。

 そんな大衆酒場にあっても、田崎がたしなむのはやっぱりワイン。赤ワインをソーダ水で割った「赤ワインソーダ割り」(600円)と、「肉豆腐」(600円)を一緒に味わうのが、田崎の定番である。
「実は田崎さんが来るまでウチでワインを飲むお客さんはいなかったんです。安いワインでもいいからおいしく飲む方法があるといって教えて下さったのがこのソーダ割りです」(姉の江家理さん)

 口当たりは爽やかで飲みやすく、ワインというよりカクテルのよう。一方の肉豆腐はタマネギや豚肉などの具をじっくり煮込んだもの。その素材のうま味とワインの酸味が絶妙のコンビネーション!

 店内は活気にあふれ、注文が入るたび「チューハイ1発!」「煮込み2発!」と、威勢のいい声が響きわたる。“1発”とはかつて学生アルバイトがそう言って注文を通していたのが定着したもの。家庭的な雰囲気は何とも居心地がよく、姉妹の明るい接客に、濃いチューハイを何発もお代わりしてしまいそうだ。





日刊ゲンダイ







引用:世界的ソムリエ 田崎真也が足しげく通う 下町・門前仲町の大衆居酒屋「だるま」



【就活】『世界一即戦力な男から新卒採用担当のキミへ』--就活の為、自己PRサイトを立ち上げた菊池良さん(東洋大学) [02/11]

1: ライトスタッフ◎φ ★:2013/02/11(月) 16:58:24.58 ID:

長引く世界的不況の中、若者の失業率はどこの国でも高まっているといわれています。
日本の大学生の就職内定率は、多少改善してきているものの、日本もいまだ厳しい状況と
言わざるを得ません。そんな就職難の状況を、一風変わった独自の方法で切り抜けようと
頑張っている学生がいます。

その学生は、東洋大学文学部の菊池良さん。彼は、2014年卒の就職活動が本格化する中、
採用サイトならぬ、自己PRサイトを立ち上げ、世界を相手に就職活動に挑んでいこうと
しているのです。

サイト名は、「世界一即戦力な男・菊池良から新卒採用担当のキミへ」(※)。日本語のみ対応の
サイトではあるものの、サイトの中では、世界中の人事担当者に向けて自分をPRしています。

サイトには、「世界一即戦力な男・菊池良」さんの経歴や、資格(TOEICスコア)、
ワークビジョン、推薦者からのコメントなどが掲載されています。また、サイトの一番下には、
面接の申し込みボタンがあり、このサイトに目を通した世界中の採用担当者が面接の依頼を
出せるようになっています。

サイト上に書かれている経歴によると、「世界一即戦力な男・菊池良」さんは、都内の私立
高校(調理科)を中退後、約6年もの間、ひきこもり。その後、大検を経て、東洋大学の
文学部に入学。2014卒で就職活動をしていることから、現在は、大学3年生と思われます。

そんな彼に対する注目度は、というと、2月2日の設立から数日しかたっていないにもかかわ
らず、複数のネット媒体で取り上げられたり、フェイスブックで約5000(2月5日15時
時点)ものシェアがされたりしており、上々といえるでしょう。

就職活動においては、何よりも「動く」ことが大事。説明会に足を運んだり、履歴書を書いて
提出したり、OB・OG訪問をしたりと、多くの就職活動生が「動き」ますが、逆に、菊池さん
は自己PRサイトを自ら立ち上げ、企業側からアプローチしてくるというふうに「動き」を
「転換」したのです。

彼のように、就活の上でネックとなりうる要因を持つ学生や、就活に行き詰まった学生が、
サイト立ち上げに限らず、独自の就職活動をするということが、今後増えていくかもしれません。

では、こういった「動き」を採用側はどうみるのでしょうか。「変わった人」とみられ、逆効果
になる可能性もあります。

就活の最前線で日々の動きをウオッチしているわれわれの目からすると、大手企業の多くは
確かに、こういった動きを嫌がるか、当分の間、世間の反応見て、その後にアプローチするかを
判断することになると思います。その意味では、世間はまだまだ保守的です。(※続く)

ですが、IT系ベンチャー企業などは、彼に興味を持ち、アプローチかを検討しているか、
ひょっとしたらすでにしているかもしれません。つまり、どの分野への就職を狙っているかに
よって、就活戦略も大きく変わってくるのです。

彼が、今後、どのような就職活動をし、どのような企業に就職するのか。「世界一即戦力な男
・菊池」さんの今後に目が離せません。(「内定塾」責任者 高嶌悠人)

http://alp.jpn.org/up/s/13156.jpg

http://www.geocities.jp/dcwaraimeshi/kikuchi/

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130211/biz13021112010002-n1.htm
2: 名刺は切らしておりまして:2013/02/11(月) 17:02:07.13 ID:

どの分野においてどう即戦力なのよ
業務経験なしの新卒で即戦力になるのなんて
一人も見たことないけどな

即戦力って言葉を甘く見すぎじゃね?
注目あつめるだけでもどこかは興味持ってくれるかもしれんけど。
28: 名刺は切らしておりまして:2013/02/11(月) 17:31:05.37 ID:

同じような学生ばっか相手してたら、とりあえずあってみたくなるな。
続きを読む
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ネット/米国】「つぶやく」だけで買い物完了 ツイッターがアメックスと提携[13/02/12]

1: やるっきゃ騎士φ ★:2013/02/12(火) 17:00:37.99 ID:

インターネットの短文投稿サイト、米ツイッターは11日、米クレジットカード大手
アメリカン・エキスプレス(アメックス)と提携し、ツイートするだけで割引商品の
買い物ができるサービスを開始すると発表した。

このサービスは、ツイッターの公開アカウントとアメックスのカードを持っている人が
登録手続きをすれば利用可能となる。
ツイッター上で、指定されたハッシュタグ(最初に#の付いた文字列)を書き込むと、
確認用のハッシュタグが送られてくる。
これを送り返すと今度は確認用のメールが届き、15分以内に注文を確定すれば
商品が発送される。代金はアメックスで決済する。

11日に取り扱いが始まった商品は1点のみ。
アメックスの25ドル分のギフトカードが15ドルで購入できる。
13日にはこれに加え、米アマゾンのタブレット端末「キンドル・ファイア」やソ
ニーの小型ビデオカメラ「アクションカム」、ドナ・キャランがデザインした
ブレスレット、ゲーム機「Xbox360」などを割引価格で発売するという。

公開アカウントでツイートすることが条件となっているため、商品が売れるたびに
それ自体が宣伝になる。

アメックスは昨年3月、ツイッターや交流サイト(SNS)のフェイスブックなどと
提携し、店舗やオンラインで商品を買う前に特定のハッシュタグをつぶやけば
値引きが受けられるサービスを導入していた。
また、フェイスブックには友人への贈り物が買える「フェイスブック・ギフト」の
機能がある。

ソースは
http://www.cnn.co.jp/business/35028123.html?tag=top;subStory
2: 名刺は切らしておりまして:2013/02/12(火) 17:11:13.82 ID:

ウンコなう

トイレットペーパーなう
4: 名刺は切らしておりまして:2013/02/12(火) 17:15:22.89 ID:

怖い機能だな
続きを読む
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。