迷惑メール my spam! 

私宛のスパムメールを公開中
このようなメールにはご注意しましょう。

※スパムメールを公開して悪質業者の手口を披露してます。
 

カテゴリー:最新ニュース

ハワイアン航空、札幌ホノルル間をB767-300ERで就航





ハワイアン航空は10月31日、札幌〜ホノルル間の直行便を就航開始した。

同社としては2010年11月の羽田、2011年7月の大阪(関西国際空港)、2012年4月の福岡に続き日本国内4番目の定期便就航地となる。札幌線では、仕事帰りに間に合う時間帯の出発となっており、翌日の午前中にホノルルに到着できる。

機内サービスは、ハワイへの旅を快適にする「Hawaii Flies With Us-ハワイ・感じるフライト」をコンセプトに、アロハスピリット溢れる空の旅を提供するとしている。日本人利用者向けにハワイの文化や人々、自然美の要素を取り入れ、機内食にアジアンキュイジーヌ、日本語のエンターテイメントプログラム、機内販売を提供する。

札幌〜ホノルル便の使用機種は、就航当初は座席数264席、ワイドボディのボーイング767−300ERを使う。今後、座席数294席の大型機種エアバスA330-200を順次導入する予定。

《レスポンス 編集部》








引用:ハワイアン航空、札幌ホノルル間をB767-300ERで就航




パナソニック株が一時ストップ安 業績予想の下方修正で売り殺到





 1日の東京株式市場で、パナソニックの株価が取引開始から前日終値比100円安の414円に急落し、一時値幅制限まで下がるストップ安になった。午前10時半現在、前日比95円安の419円。

[韓国に負けた日本企業]「アップルたたきつぶせ」手段選ばぬサムスン

 前日に2013年3月期連結決算の業績予想を下方修正し、最終損益が7650億円の赤字になる見通しを発表したことを受け、売り注文が殺到したとみられる。

 世界的な景気減速で主力のデジタル家電などほぼ全ての事業分野で当初の販売計画を下回り、津賀一宏社長は中間決算会見で「普通の会社ではない」と巨額赤字に強い危機感を示していた。








引用:パナソニック株が一時ストップ安 業績予想の下方修正で売り殺到




サウジ首都でタンクローリー爆発 10人死亡、50人負傷





(CNN) サウジアラビアの首都リヤドで1日、タンクローリーが橋に衝突して炎上し、当局によると、10人が死亡、50人以上が負傷した。

事故が発生したのは交通量の多い交差点。他にも事故に巻き込まれた自動車があり、現場付近の建物の窓ガラスは割れているという。








引用:サウジ首都でタンクローリー爆発 10人死亡、50人負傷




白銀世界が出現! 六甲山人工スキー場で雪造り開始





 六甲山人工スキー場(神戸市灘区)で1日午前、来月8日のオープンに向けた恒例の造雪作業が始まった。この日の六甲山の気温はやや冷え込み、午前9時ごろで10・5度。午前10時には、ゲレンデ横の製氷機で造雪作業がスタート。0・5〜1センチの氷の粒がパイプから空気圧で勢いよく噴射され、ゲレンデに真っ白な“雪”が積み上がった。

 1日に約100トンの人工雪を造り、ゲレンデはオープンまでに約3700トンの人工雪で真っ白に覆われるという。

 シーズン中は約11万6千人の来場者を見込んでおり、同スキー場は「たくさん雪を造ってお待ちしています」。








引用:白銀世界が出現! 六甲山人工スキー場で雪造り開始




橋下市長の騒動を見て、何を感じたか





相場英雄の時事日想:
 ここ数週間、新聞や週刊誌の失点が相次ぎ、メディアへの信頼感が著しく低下している。ウラ取りの稚拙さやメディア側の腰砕けなど、さまざまな要因が信認低下の根底にある。一方で、取材される側の発信力が増大し、一般読者や視聴者に直接訴えかける機会が多くなっていることもメディアへの風当たりを強くしている一因だ。記者やリポーターなど取材する側の力量が改めて試される重大局面にある。 

●取材される側の“反撃”

 iPS細胞の臨床応用を巡る大手紙・通信社の誤報事件の余波が残る中、またまたメディアへの信認低下を招く事態が起こった。

 先週、橋下大阪市長の出自を巡る連載企画で、『週刊朝日』が完膚なきまでに打ちのめされた。報道に同市長が激怒。同誌が連載を1回で打ち切り、謝罪文を掲載するに至り、騒動は表面上終息した格好だが、メディア界に大きな禍根を残したのは間違いない。

 過去に何度も同様の報道に怒った橋下市長に対し、真っ正面からケンカを売った格好の『週刊朝日』。発売前に広告を読んだ瞬間、私は同誌と朝日新聞グループの胆力に感服した。刺激の強い煽(あお)り見出しだっただけに、連載の過程で勝気な同市長を屈服させるだけの“ネタ”が出てくると予想したからだ。

 橋下市長が怒りをあらわにしたあと、朝日新聞グループ内でどのようなやりとりがあったかは知る由もない。だが、かつてメディア界に身を置いた人間として想像できるのは、グループ首脳がビビり、『週刊朝日』がグループ内で「はしごを外された」ということだ。

 橋下市長の資質云々ではなく、今回の騒動は朝日側が取材される側の発信力の強さを読み誤ったことの格好の材料となる。

 ちなみに、本稿執筆時点(10月29日)での橋下市長のTwitterでのフォロワーは約88万人だ。一方の『週刊朝日』の発行部数は約20万部。Twitterというツールの登場で、取材される側の発信力が報道する側より単純計算で多いという状態になっているのだ。Twitterの機能のひとつであるRT機能を同市長のフォロワーが使えば、88万人という数字は瞬く間に数百万に膨れ上がる。

 若手や中堅の記者や編集者ならばこうした事態を知っているはずが、私が想像するに朝日、いやメディア界全体の編集幹部、経営陣は皮膚感覚でこの数字が持つ怖さを理解していなかったのではないか。

●可視化を甘く見るな

 本稿では、橋下市長の個人情報や政策を論じるつもりは一切ない。ただ、同市長の巧みさのひとつとして、メディアを通じて強い言葉とメッセージを広く伝えるスキルを持ち合わせていることには舌を巻く。

 取材時に気に入らないことがあれば、Twitterを通じて瞬時に支持者にメッセージを発信する機敏さも持ち合わせる。取材するプロセスを可視化させた先駆者だと言い換えることもできる。過日、ベテランの在京紙記者と話した際も、橋下市長が潜在的に持ち合わせている情報発信力の強さに話が及んだ。

 恐らく、朝日新聞グループには膨大な数の抗議電話やファクス、メールが殺到したはず。今後の取材に支障が出るという要素のほかに、橋下市長のスキル、抜群の情報発信力に朝日は屈服したわけだ。

 だが、フォロワーが多ければ、批判してはいけないのか。私個人としては、そうは思わない。権力を持つ人間を監視し、批判するのがメディアの使命だからだ。

 名前は伏せるが、ある著名クリエイターがここ数年、各種メディアとの対立をTwitterやブログで展開している。このクリエイターも先の橋下市長と同様にTwitterで多数のフォロワーを持つ。彼は旧態依然としたメディア界の体質を舌鋒鋭く批判するが、身勝手な振る舞いを続け、さまざまな立場の人たちに迷惑をかけている事態も知っている。どちらの言い分を信じるかと言えば、圧倒的にやり込められている側なのだ。

 なにが言いたいかといえば、フォロワーが多く、発信力が強い人たちであっても、きちんとその言い分のウラを取る必要がある、ということなのだ。

 取材のプロセスが可視化されれば、記者は冷静かつ理詰めで対抗すれば良い。情報発信力の強い取材相手であれば、ぐうの音も出させないだけのネタを掘り起こし、当てれば良い。

 TwitterやFacebookが爆発的に普及し、取材のプロセスが可視化され、メディア自身が批判の対象となり得る時代になったからこそ、記者やメディアがその基本に立ち返る必要がある。自信のあるネタがあれば、相手のフォロワー数の多寡など問題にならないはずだ。一連の騒動は、メディア再生の好機でもある。

[相場英雄,Business Media 誠]








引用:橋下市長の騒動を見て、何を感じたか




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。